悩み

仕事が辛くて会社を辞めたい。でもなんだか辞めるって言いにくい…。

そんな状況で辞めたいのにずるずる働いてしまう方は多いです。

ここでは、辞めにくい仕事をどうやったらうまく辞められるのかを解説いたします。

辞めにくい理由を考えてみる

まず、なぜ辞めにくいのか整理する必要があります。辞めにくさの原因がわからなければ対処のしようがありません。

これから辞めにくい原因となる代表的な具体例を挙げますので、自分に当てはまるものがあるか確認してみてください。

退職を引き止められる可能性がある

長く務めた会社であったり、会社側があなたがいないと困ると感じているのであれば退職の意を伝えた後、引き止められる可能性がりますよね。

でも引き止めらない可能性もあるわけですから、これは無駄な心配です。もし仮に引き止められたとして、それがやめられない理由になるのでしょうか?

君がいないと困る、人事や経営者はそういうでしょう。ですが、それはあなたのことを考えての発言でしょうか?

あなたがいないと困るのは、人員を補填しないといけなくなる人事部です。正直に言うと、あなたがいなくなると採用活動をする必要があります。つまり仕事が増えて大変だからやめないでくれと言われているのです。

自分が困るからやめないでくれと言ってくる人に、あなたの人生を指し出す必要があるのでしょうか。

経営者から言われた場合も同じです。経営者は創業社長であれば自己資金を投入し、会社を運営しています。株式会社であればもちろん営利目的です。

あなたがやめて仕事がうまくいかなくなり経営が悪化すると会社の利益が減る、つまり自分の資産が減るということですから引き止めるのは当たり前です。

もしもあなたのことを本気で大事に思っているなら、新たなチャレンジにを応援してくれるはずです。

引き止められるのが怖くて言い出せないのであれば気にしなくてOKです。

気まずくなりそう

多くの会社の就業規則では、「退職の意志は退職日の1ヶ月前や、2週間前に伝える必要がある」としているケースがたくさんあります。

なので、退職したい旨を伝えてから、実際の退職日まで勤務日があると気まずいと思い、言い出せないというパターンが多いです。

ですが、有休を消化すれば出社せずに済ませることもできます。有休が使えないのであれば出社せざるを得ないかもしれませんが、それって何か問題なのでしょうか。

退職するまでの期間、確かに職場で気まずい思いをするかもしれません。ですが、一時的な気まずさを避けて会社に居続け自分の人生を消化してしまうのはあなたの望む人生でしょうか。

辞めた後には一時的な気まずさをチャラにしてくれるほど素晴らしいことが待っているかもしれません。気まずいのは辞めるまでのほんのわずかな期間だけです。

そして多くの場合、気まずさを感じているのはあなただけで他の人はそこまであなたのことを気にしていません。同僚が辞めるときにあなたは気まずさを感じたでしょうか?おそらく感じていないではないでしょう。

たとえ引き止められた結果、会社に残ることを決めても、気まずさが残るの期間は限定的です。むしろ「あの人に仕事を押し付けたら辞められてしまう」と思わせることができ職場で有利な立ち位置を獲得できるかもしれません。

気まずさは取るに足りません。気にする必要なしです。

迷惑を掛けるのが申し訳ない

自分がいなくなったら困る。そう思ってしまう責任感の強い人も多いことでしょう。ですが、組織というものは一人で動いている訳ではありませんからあなたがいなくなっても何とかなるものです。

迷惑を掛けることが原因で辞められずにいるなら、退職時期を閑散期に設定するなどにすれば会社もあなたも少しは気が楽でしょう。

きちんと引継ぎをおこなうなど、責任を果たせばたとえ迷惑を掛けるとしても最小限に留めることができます。

職場への迷惑を気にするのもいいですが、職場があなたに迷惑を掛けていないか今一度考えてみましょう。もしかしたらいいように使われているだけかもしれません。やめる権利は誰にでもありますから一歩踏み出してみましょう。

転職先や仕事が決まっていない

職場環境が悪くてやめたいけど、次の職場が決まっていないとなると不安で退職しにくいものです。この理由は単純でお金です。

今の会社で働けているのであれば、この人材不足の時代に何も仕事がないわけがありません。なので、重要なのは次の仕事が決まるまのでお金・貯蓄です。

例えば、貯金が1000万円あったらどうでしょうか?嫌な仕事をしていて辞めたくなったら、すぐやめてもしばらくのあいだ働かなくても何とかなりますよね。

仕事を辞めたいなら貯金がいくらあって、どのくらいの期間持つのか計算してみましょう。それが分かれば辞める決断ができるかもしれません。

反対に貯金がほぼなく、給料の支払いがストップすると生活費すら払えない状況に陥る可能性があるのであれば、次の仕事が見つかっていないことが原因になります。

ですので、転職先を決めましょう。現在では転職エージェントなどを活用すれば自分で動かなくてもエージェントが仕事を紹介してくれます。とにかく転職先を見つけることを優先しましょう。

日本には職業選択の自由がある

「職業選択の自由」という言葉をご存知でしょうか。これは憲法22条1項に定められている人権です。

誰であっても自由に職業を選択できる権利として、法律ではなく日本国憲法として定められているのです。

つまり、何をするかはすべてあなたの自由です。やめてはいけない仕事などないのです。

インドでは生まれながらに職業が決まっているカースト制度がありましたが、1950年に廃止されました。ですが、いまだにカースト制度が残っており、職業の選択が許されない人々がいるのも事実です。

それに比べ、日本ではこのような差別はありません。あなた自身の意志で職業を選べるのです。世の中には面白い仕事がたくさんあります。嫌々いまの仕事を続ける必要はありません。

辞めたい仕事を続けていても幸せになるのは難しいでしょう。今すぐ行動を起こし未来を変えましょう。

仕事に行きたくない