仕事が辛い人

毎日仕事が辛い死にたい…。メンタル的に限界にきていると感じながらも生活のためには働かないといけない。そんな風に考えて仕事を続けていませんか?

心がしんどいのに無理をして、そのまま仕事を続けてしまうと取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

肉体とは違い精神は目に見えませんので、人によっては我慢しすぎてしまう場合があります。

ここでは、心に不調を感じた際に取るべき行動・対処方法をご紹介します。

心も体も限界でつらいと自覚している場合

これ以上働いたら危険かもしれないと自分でわかっている場合は、躊躇不要で休みましょう。連日徹夜で睡眠不足。こんな状態ではまともに仕事はできません。

1日でいいのでしっかり休息をとり体の疲れをとることが重要です。体の疲れが取れれば心の疲れも改善される可能性が高いです。

休んでも意味がないなら転職

仕事の疲れが溜まっていることが原因で辛いのではなく、仕事そのものに限界や厳しさを感じているなら、転職するしかありません。

今すぐ転職できない方は、転職先が決まる前に退職しましょう。働いていない期間があるからと言って就職が不利になるなんてことはありません。

無理をして働き続けると、精神が崩壊してしまいます。そうなると転職先が決まらないまま退職した場合よりも、治療が長引き働くまでのブランクが長くなってしまうかもしれません。

心が限界で苦しいときのサイン

心のバランスを崩すときは、一気にではなく徐々にが多いです。サインを見逃さず、早めに対処できるよう兆候を確認しておきましょう。

朝泣くことが増えた

朝起きて会社に行こうと思って支度はするものの、気付くと泣いている。そんな状況は普通の精神状態ではありません。仕事が原因でネガティブな涙を流すようだとその仕事は早くやめた方がいいかもしれません。

遅刻が増えた

いつも時間通りに出社できていたのに、よく遅刻するようになった。毎日遅刻してくる遅刻魔を除き、これは会社に行きたくないというサインに他なりません。心が会社を遠ざけている状態です。

家を出ようと思うも、足が踏み出せない。何とかホームまで来たものの、分かってはいるのに電車に乗れない…。こんな状態は非常に危険です。一歩間違えば電車に飛び込んでしまうかもしれません。

「電車に乗りたくない」は、非常に危険かつ分かりやすい心のサインです。一度でも感じたら、迷わず仕事を休むようにしましょう。心の不調だと訴えることは恥ずかしいことではありませんので早めに会社に伝えるようにしてください。

夜眠れない・眠りが浅い

不眠もわかりやすいサインです。ベッドに入ってもかなかな寝付けない入眠障害や眠っても夜中に目が覚めてしまう途中覚醒。これらは強いストレスや不安を感じている人に起きやすい現象です。

不眠が続けば当然体が回復しませんので、疲れを引きずったまま仕事をすることになります。そうなるとミスも増えやる気も徐々に落ちていき悪循環に陥ります。睡眠導入剤を使用するか、根本的にストレス改善するしかありません。無理は禁物です。

鬱になりかけ

鬱というと心が弱い人がなると思われていますが、それだけでなありません。誰にも相談できない完璧主義の人も鬱になります。

何となく元気が出ない。毎日起きるのが面倒などと感じているなら、鬱の一歩手前かもしれません。自分だけは大丈夫と思わず、周りに相談しましょう。

人間関係に悩んでいる

職場や仕事への満足度は人間関係でほとんどが決まると言われています。そのため、人間関係に失敗するといくら自分の好きな仕事でも職場へ行くのが辛くなってしまいます。

なぜ人間関係が辛いのか考えてみましょう。

上司が怖い

人間関係で大きな問題になるのが、上司の存在です。ミスをすると怒られる。

仕事の覚えられない。能力不足で無能と言われ精神的に辛い思いをしている人はたくさんいます。

人はそれぞれ得意不得意があって支え合って生きているものです。もしかすると、能力不足なのではなく、あなたに向いていない仕事なのかもしれません。

内向的な性格

外交的な人は誰とでも仲良くなれてうらやましいと思っていませんか?

引っ込み思案、内向的な性格な人は対人コミュニケーション能力に自信が無く回りとなじめない人も多いです。

職場が外向性を求める場所であるなら、内向的なあなたは今の仕事に向いていないでしょう。これは人間関係に悩んでいる

年齢に見合った仕事ができない

会社では年齢を基準に評価されることも多いでしょう。新人や新入社員ならまだしも、ある程度の年齢になってくると職務と年齢を比較されます。

30代なのに仕事ができない

30代であれば社会人経験も長く、それなりのポジションについている人も多くなる年齢です。30代で仕事ができないと白い目でみられ辛くなってしまう方もいます。

40代で無能レッテルはもっと辛い

40代だとかなりベテランの領域に入ってくる年齢です。さすがに、この年代で仕事ができないと窓際族扱いを受けたり、追い出し部屋と呼ばれる部署に配属されたり、どうでもいい仕事をやらされるようになります。

40代になって成果を出せないようであれば向いていない仕事の可能性大なので、転職を考えた方がよさそうです。

心が辛くなりやすい人の特徴

心がとにかくしんどいという人にはある傾向があります。

完璧主義

完璧主義な人はどんな仕事でも完璧にこなそうとします。十分なクオリティを保っているにも関わらず、まだよくなるのではないかと深堀してしまう傾向があります。

その為、自分の仕事に対する満足度が低くなりがちです。この状態が続くと自己肯定感が満たされず限界以上に働いてしまい、最後にはやる気を失ったりうつ病になったります。

完璧は概念でしかありません。自分が完璧主義だと思う方は客観的に自分の仕事を見てみましょう。すでにいい仕事をしているかもしれません。そう思えたのなら心は軽くなるはずです。

頭がいい・知能が高い

頭がいい人は頭が悪い方に比べ心が病みやすいという傾向があります。頭がいいと、将来に対する不安を抱えやすくなるからです。頭の悪い人は短絡的な行動が多く、トラブルが起きたその場ではメンタルが悪化しますが、すぐに忘れるため長期的なメンタルの悪化は起こりにくいのです。

悩みが多い人はもしかすると頭の良さが原因かもしれません。そう考えると悩んでいる自分でも好きになれそうな気がしてきませんか?考え方を変えてみましょう。

ストレスチェックで心を診断

どのくらいのストレスに悩まされているかは、下記の質問に回答いただくことである程度知ることができます。7つ以上に「はい」と答えた方はストレス過多の可能性があります。

  • 布団に入っても寝付けない
  • 夜目が覚める
  • 朝起きると疲れている
  • やる気が起きない
  • とにかく行動するのが面倒
  • 身だしなみに興味が無くなった
  • 体が重い
  • 疲れやすくなった
  • 体調不良の日が多くなった
  • 集中力が持続しない
  • ぼんやり過ごすことが多くなった
  • 忘れ物が増えた
  • 風邪をひくと治りにくい

10個以上「はい」と答えた方は早急な対策が必要です。今のままではまともに仕事をこなすことも難しいはずです。

まとめ

毎日通勤するたびに仕事が辛いと感じているなら、そのままの状態を続けるのはリスクです。そんな状態では仕事はうまくいきません。仕事がうまくいかなければ自信もつきません。

休暇をとるか、転職を検討するか早急に検討しましょう。