上司が嫌な人で毎日嫌味を言われたり、怒られたりして会社に行くのが嫌になってしまっている方は多いです。

ここではパワハラをしてくる人間はどのような特徴があるのかをご紹介し、その対策方法も合わせて解説いたします。

上司の心理を読むことで、パワハラは少なくすることができます。

パワハラする人の特徴

パワハラする人にはある程度の性格特性があります。

  • 実は気が弱い
  • ポジションに重荷を感じている
  • 人を動かす能力が低い

パワハラを繰り返し行ってくる上司は、実は「小心者」である可能性が高いです。気が弱いため、強い口調で命令しないと部下が付いてきてくれない、なめられてしまうなどの不安を抱えています。

また、上司であるということはあなたを含め部下がいます。上司というものは管理者であり責任者であるわけですから、あなたよりも大きな重圧を感じている可能性があります。

そのため、ストレスを抱えた事で、あなたに当たっているなんてこともあります。

つまり、パワハラ上司はストレスに弱く人を動かす能力に欠けているため、強い口調・攻撃口調になってしまうのです。つまり上司役をおこなうことができない能力の人なのです。

あなたがミスをして怒られている可能性もありますが、ミスをしたことに対し怒れば部下のパフォーマンスが低下することが理解できない人なのです。

パワハラ上司への対策

パワハラ上司は精神的に弱いということを解説しました。では、そんなパワハラを繰り返す上司とどのように付き合っていけばいいのでしょうか?

答えは簡単で、上司を「ほめること・認めること」です。

例えばあなたのことを面と向かって褒めてくれる人がいるとしましょう。あなたはその人のことを怒れるでしょうか?きっと、自分をほめてくれているのに申し訳なくて怒れないのではないでしょうか?

面と向かって褒めることができない、褒めることが上から目線になってしまうようだったら辞めた方がいいでしょう。

その場合は、第三者に向かって上司を褒めるようにしましょう。いい噂話が上司の耳に入れば効果は絶大です。

できれば上司と関りが深い人に上司の良いところや尊敬しているところを話しましょう。いい話であれば、人は話をしたくなるものです。

人ずてにいい話をするのも、直接相手を褒めるのもどちらも効果的です。うまくいけばあなたへの攻撃は収まるでしょう。

まとめ

上司だって人間ですから、いつも怒っている訳ではありませんし、必ず良いところがあります。相手の心理を読んで少しずつ対策をしていきましょう。

会社仕事行きたくない時